じゅうたんの掃除の仕方

家にあるものを挙げるときりがない。その中でもじゅうたんはどの家庭にもあるだろう。じゅうたんは床の冷たさ等を軽減してくれ、手触りも癒してくれる。しかし、厄介なこともある。それは、食べ物をこぼしたりするとシミがついてしまうことだ。特に小さいどもがいる家庭は頭を悩ませる一つだと思う。じゅうたんは思いっきり洗濯ができず、シミをぬくのは大変だ。そのじゅうたんの汚れをとるためには、汚れの種類によって対処をすると目立たたなくなったり、きれいに落ちてしまう。その掃除の方法を見ていこう。まず、食品の汚れの取り方から見ていく。牛乳の取り方は、お湯でふき取って、ベンジンで軽く拭くと良い。コーラやサイダーはアンモニア水で拭き、中性洗剤を入れたぬるま湯でふき取れば良い。次紹介するのはどの家庭でも悩む食品の汚れの取り方を紹介する。

それは、しょうゆやソースだ。これは、吸取紙や中性洗剤を入れたぬるま湯で拭けば良い。次は、小学生以上の子どもがいる家庭や趣味でされている方には一度は経験をしたことがあることだ。それは、絵の具や墨汁の汚れだ。その二つについての掃除の仕方について紹介しよう。まずは、絵の具の汚れについてだ。基本的には中性洗剤でふき取ると良い。それでも落ちない場合はエタノールとアンモニア水に台所用洗剤を混ぜてふき取ると良い。次は、墨汁についての取り方についてだ。その方法は二つある。まず一つ目は吸取紙と食塩で吸取ったあと、中性洗剤を入れたぬるま湯でふき取ると良い。もう一つは、牛乳でふき取るのも良い。汚れを落とすのも必要だが、日頃の掃除も必要だ。しかし、じゅうたんにはダニや食べ物の食べカスが奥深く残っていることがある。それは、掃除機では吸取れないことが多い。では、どのようにすればいつもきれいな状態でいられるのか。日頃からちょっと工夫するときれいな状態に保つことができる。その掃除の仕方について紹介していこう。まず、奥にあるゴミをかき出さなければならない。それには、ナイロン製のたわしが必要だ。たわしを撫でるようにしてゴミを取り出す。

次に、掃除の味方の重曹を使う。重曹をじゅうたんに振り掛けてから、手でゴシゴシと擦り付ける。しばらく放置し、掃除機で重曹を吸い取る。また、重曹を使うことで嫌な臭いも取れて一石二鳥だ。じゅうたんは、私たちの生活になくてはならないものになっている。メリットもデメリットも上手に付き合っていけば、快適な生活が続くと考えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*